銀行系カードローンのメリットについて

社会人の見方、キャッシング


社会人ともなると、手元にお金がない状態でも付き合いなどでやむを得ず出費を迫られるケースも少なくありません。
そんな時に頼りになるのがキャッシングやカードローンです。
原則として無担保かつ保証人も不要で迅速に審査が行われ、早ければ当日のうちにお金を借りることができます。
親や友人など身近な人であっても借金の保証人というのはなかなか頼みづらいものですので、担保や保証人が不要でお金を借りることができるというのは借り手にとって非常にありがたいサービスであるといえます。

低い金利、無担保、保証人要らずで人気

また、金利についても以前はいわゆるグレーゾーン金利といわれる利息制限法の上限金利以上で出資法の上限金利未満である高い金利設定が一般的でしたが、グレーゾーン金利を無効とする最高裁判決を契機に法改正がなされたことから現在は利息制限法の上限金利の範囲内で貸出金利が設定されることになり、利用者にとっては低い金利で利用できるようになったというメリットもあります。

人気は低金利の銀行カードローン

また、以前は個人がお金を借りる先というと消費者金融などしか選択肢がない状態でしたが、近年では銀行も個人向けの融資に力を入れるようになってきており、皆さんもテレビCMや駅、電車のなどで銀行系カードローンの広告を見る機会が増えたと感じている人も多いことでしょう。
銀行系カードローンの魅力としては、消費者金融や信販業者のキャッシングと比べて一般的に金利が低いという点が挙げられます。
また、銀行という社会的信用が高い金融機関から直接お金を借りられるという安心感もあります。
その他としては、貸金業者が対象となる総量規制の対象外のため、必要であれば年収の3分の1以上の金額を借りることができるというメリットもあります。